Revolution Is Necessary


anzaiis-zumi
Photo: ©David M. Grossman

- An Interview with Kaori Izumi and Yukiko Anzai

(September 22, 2011 in New York City)

J: Jfissures
A: Anzai
I: Izumi

J: While actively hosting evacuees from now irradiated Fukushima, Hokkaido, the northernmost island of Japan, has in itself a nuclear power plant in Tomari. Yukiko Anzai and Kaori Izumi, who have been working there to abolish nuclear power since March 11, 2011, are now visiting New York City — along with Sachiko Sato [*an activist/mother from Fukushima] and Aileen Mioko Smith [*a long time anti-nuke activist] — to address to the American public the situation in Japan. We, Todos Somos Japon, have been seeking to work in solidarity with women’s movement in Japan and expand such network. On this special occasion, we are very happy to interview you two.
Could you talk about the groups and networks among women of Hokkaido tackling the issues of nuclear energy?

A: As far as I know, there are mainly two groups in and around Sapporo, the capital of Hokkaido. One of them is a mothers’ network to investigate contamination and demand safety of school lunch. Another group is a network to save children from radiation, which is organized by mothers with small children. These are the two activities that I am involved in Hokkaido.

J: They are activities in the urban context of Sapporo, as you mentioned. But in comparison, how are the people in small cities and towns far from Sapporo, like the one where you live, responding to the current crisis?

A: Within urban space we can bring up and speak about these issues, but it has been extremely difficult to deal with them in rural areas. After all, however, difficulty is present also in cities in the sense that it is only a handful of people who are raising voices. Many people want to cover their ears against talks about nuclear power and want to continue their lives as if nothing had gone wrong. This sentiment is shared especially amongst the people in my age, about late-thirties. Many want to take everything as if nothing has happened, don’t want to change their lives, and don’t even want to admit that their lives are different now. I have been feeling increasingly distant from them by receiving their rejection to the current situations: for instance, whenever I try to bring the issues up, they tell me “sorry, but…” Even though a good number of news come out on daily basis, people have hardly changed. I want to believe that situation is shifting, but not enough, I feel.

J: Kaori Izumi, you have talked about (in the earlier session today) governmental structures and gave a sharp criticism on cozy ties between bureaucrats and the nuclear industry. You have also mentioned that it was only after March 11th you started activism against nuclear energy with the group “Shut Tomari.” On the other hand, can you tell us about your struggles within your own life?

I: You mean, in my family? For instance, getting food for my children is a struggle. I live in Sapporo and my youngest son, who’s 14, loves milk. Since we heard the news that cesium was found in Hokkaido milk too, I haven’t had him drink any milk. Plus, kids love meat, you know? Even Hokkaido news tells everyday that cesium is detected in beef used in this and that restaurant. We know about the beef radiation thanks to the tests, but you never know about other food products. I don’t know what to buy at supermarkets any longer. I have heard of rumors that the vegetables from Tohoku [*Northeastern region including Fukushima] are labeled as “produced in Hokkaido.” All in all, the Japanese government that consistently tells it’s all safe is nowhere to be trusted. The current state is that their lies have been all revealed.

J: So you basically stopped buying certain fresh products at supermarkets.

I: Yes, though I sometimes buy imported products, ultimately I myself had to reduce the amount I eat and lost weight, one size down.

A: I myself haven’t lost any weight though (laugh).

I: And this is what I heard from Sato Sachiko when we invited her for an event in Sapporo: one big effect on people’s life is a rupture within families, namely “a nuclear disaster divorce.” A mother anxiously says: “let’s evacuate, let’s have the kids wear mask,” to which the father responds: “that’s not a big deal” and “I cannot evacuate, I have a job here.” In Fukushima, the people who avoid eating the local products are criticized by such accusation as “how come you cannot eat the vegetables that your grandparents worked so hard to make for you?” So many ruptures have appeared within families, even in my own. There are ‘temperature gap’ between members of a family. When I say: “be careful, this is bad, that is bad” too much, others get irritated. They say: “don’t want to hear about nuclear power plants, we’re all gonna die anyway.” Granted this is the degree of our experiences in Hokkaido, I imagine how difficult life in Fukushima can be. There are so many women who abandoned their husbands in order to flee from Fukushima. Some fled to Hokkaido in order to save their children, even if they had to choose evacuation over their house, job, family, friends and their own husbands. Our world has changed after 3.11. Though I somewhat knew about Japanese government’s corruption, I had never imagined that they were this bad. I was made aware how closely all the officials and corporations were tied together, how much we were deceived by them.

A: For me, it became difficult to do ‘normal things’ I used to do, like to work and raise kids…

I: And to clean the house.

A: My house is terribly dirty!

I: I became unable to bring out garbage and make lunch for my family. I have no time for that.

J: In order to continue your activism.

I: It is a 24-hour activism. Everything that I am supposed to be doing on daily basis suddenly disappears from my mind. Though thankfully my husband has been taking care of these things.

A: My household is a total mess.

J: Our rooms got messy too.

A: But the other day when I said to my partner that I was sorry to let this mess continue, he replied to me: “Imagine this place being clean and shiny, but with invisible radiation accumulated? Try to compare that to this messy house. Don’t worry, this is an extreme situation we are in.” Luckily he understands so, but right now he’s sick in bed, which worries me.

I: Who’s taking care of the kids?

A: Right now my mom takes time off from work, and my little sister comes by.

I: Well, everybody is exhausted right now. I see many having health problems among activists.

J: You must be spending enormous amount of energy every time you organize demonstrations and government negotiations.

I: Absolutely. Our exhaustion might be due to the effects of radiation as well. One of the shocking incidents was the radiation of hay. Radiation-contaminated hay from Miyagi Prefecture was delivered to Hokkaido for cattle feeds. That was really a big shock.

A: But what I think is problematic now is the fact that only a handful of people are getting exhausted. Instead the movement should spread wider. You can count the people working full-time on anti-nuke in Sapporo probably in two hands. For the most part, what I mean by working full-time is: writing texts, making printouts and spreading them, that is usually called for by Ms. Izumi. If more people get involved in taking part to do this, the exhaustion would not fall onto only the handful. Sometimes I feel like saying: “look, how hard we are struggling,” but I think right now it is more important to share the sense of crisis, and acknowledge it together. My partner encourages me that I cannot fall ill, nor stop doing this. All I have to do is continue.

J: Can you tell us about the prospects of your activities from now on?

I: We are now in the middle of a lawsuit regarding the Reactor 3 of Tomari Nuclear Power Plant. This is against the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI), against the state in other words, but right now we are also thinking of suing against Hokkaido Electric Power Co. itself. I should add that, it was a total surprise to me to see the 20 milli-Sievert (mSv) measure lasted so long [*The Japanese government raised the maximum allowance of radiation dose twenty-fold from 1 to 20 mSv shortly after the nuclear accident]. When we were preparing for the May 5 demonstration to demand revocation of 20 mSv measure, I thought that the measure would be withdrawn by the time we take to the street on the 5th. But to our surprise, it never happened and the 20mSv stayed. From that experience, I think we will have to do something more visible, more spectacular. For instance, about a hundred women gather and share food and shelter by occupying the space in front of METI — this is what we are talking about right now. Direct action is the only way. We will show this to the world, and hopefully some women in DC get together to sit-in at Japanese Embassy, or something like that. We need a form of simultaneous action.

J: I completely agree.

I: I think men can participate as well if they are dressed as women (laugh).

J: Well, I think a couple men being there would be fine (laugh). That is exactly what we men want to do in the streets. By the way, have you gone to Zuccotti Park of Occupy Wall Street ?

I: The other day, as we were waiting for an interview, we met people from Think Progress who told us about the action at Wall Street that had just begun. Then I immediately sent out the news to anti-nuclear groups in Japan, including the videos that show the protest. In return, I sent to Think Progress the aerial photos of the 60,000 demonstration that had just taken place in Tokyo. In this exchange, I came to think that this was not just a coincidence; right at this moment, the rich and the powerful are taking the lives of the people who live with honesty and modesty. In both Japan and the US, people have begun to stand up against this injustice — that is taking place in the world over.

J: We too would like to continue working with you in solidarity, based on this commonality.

I: I must stress that today the world is in such a horrendous state that revolution needs to happen. Without revolution, pains of the people of Fukushima will be unrequited forever.

A: I agree. One certain thing is that all of us are sharing the sense that we must do something now.

PDF (English)

 

——————————————————

『革命が起きなければいけない』

泉かおり・安斎由希子インタビュー

(2011年9月22日、ニューヨーク)

J = Jfissures

J: 福島から沢山の人々が避難地として足を踏み入れる地である一方、泊原発をかかえる北海道。3月11日以降活発に原発の廃止を訴える活動をなさっている安斎由希子さんと泉かおりさんが、佐藤幸子さん、アイリーン美緒子スミスさんたちと共にニューヨークを訪問されています。私たちTodos Somos Japonは女性の活動に関連して連帯活動をひろげていきたい、と願い活動をしているのですが、おふたりの周りで、特に北海道内で動いている女性のネットワークのようなものはありますか?

安斎:私が知っている限 りのものですが、今札幌で行われている母親がメインの活動は主にふたつあります。ひとつは学校給食における食品汚染についての検証や要請をする母親のネットワー ク、もうひとつは、小学校にあがるまえの小さなお子さん達をもつ母親がたちあげた放射能から子どもを守るネットワーク、 です。そのふたつに私は関連しています。今北海道での活動は主にそのふたつですね。

J: 札幌や周辺の活動とうかがっていますが、それに比べて、たとえば安斎さんのいらっしゃる余市町など都市から離れた場所ではどのような反応がありますか。

安斎:やはり、こういう 問題を取り上げたり考えたりするのは都市の中で活発であって、田舎のほうでそれを進めていくのはとても難しいことですね。難しいと言うのも、それは田舎に限定され ることではなく、都市の中でも声をあげているのは一部の人たちなんです。多くの人は原発のことに耳を閉ざしたいですし、何事もなかったと思って暮らした い。特に私たちの世代、30代後半の人たちの間に多い意見です。なかったことにしたい、自分の生活を変えたくない、変わったと思いた くない、という思いの中で、私等がいろんな今の問題を投げかけても、「いや、もう、悪いけど。。。」という拒絶があり、だんだん私も隔たりを感じてきてい るところです。これだけ毎日ニュースが出ていても、なかなか変わらない。少しずつ変わってきている信じたいけれど、うまくいかない、という印象です。

J: 泉さんには、先ほどの集会で北海道庁やその他の官公庁のなかでの対応や原発に関する各機関の癒着などについてするどいお話を聞かせていただきました。その中で、泉さんご自身が原発に関する運動を始めたのは3.11以降はじめてだとおっしゃいました。『Shut泊』というグループも結成されてご活動されていますが、その一方で、ご自身の日常生活の中で苦労なさっていることなどがあればおききしたいのですが。

泉:自分の家庭の中で、 ということですね。それはまず、子どもの食べ物ですね。私の住まいは札幌なんですが、一番下の息子が14歳で、牛乳が大好きなんです。しかし北海道の原乳 からもセシウムが検出されたというニュースを見て、それから牛乳は飲ませていません。それから、子どもはお肉も好きでしょう。北海道の新聞でも毎日のよう に、どこどこのレストランで使う牛肉からセシウムが検出された、と毎日のように出てくるわけです。それも、たまたま牛肉は検査しているから結果が出ている だけで、他の食品は、という疑問が残る。スーパーマーケットに言っても、何を買っていいかわかりません。さらに、「北海道産」という偽ラベルが貼られてい る、などという情報も流れたりしています。だから要するに、日本政府のやっていることは何も信用できない、というふうに暴露されてしまった、というのが現 状だと思います。

J:スーパーで精肉やある一定の食品はまったく買わないようになった、ということですか。

泉:そうですね。輸入ものを買うだとかもしていますが、私自身はもう食べる量を減らすしかない。痩せてしまって、1サイズ落ちましたね。

安斎:私は痩せてない (笑)

泉:それから、佐藤幸子 さんを札幌の講演会に呼んだときに聞いた話ですが、やっぱり大きな影響というのは原発離婚、といわれる、家庭内崩壊があります。心配する母親が、「子ども には避難させよう、マスクさせよう」というと父親は「そんなものたいしたことはない」「仕事があるから避難ができない」と返す。さらに福島県内などでは 「お前達にはおじいさんおばあさんが一生懸命作った野菜が食べられないというのか、」という対立が生じる。こうやって家族の中でものすごい亀裂がうまれて います。それは多少わたしの家庭でもありました。やっぱり家族の中で温度差がある訳です。あまりにも、「気をつけなくちゃ、あれはダメ、これもダメ」と いっていると、他の家族がイライラしてしまう。「どうせ死ぬんだから原発の話なんで聞きたくない」と。だから、福島の人たちのいる状況というのは本当に大 変なものだと思います。本当に、夫を捨てて避難してきている人がいっぱいいるのです。家を捨て、仕事を捨て、家族を捨て、友人を捨て、夫まで捨てて、とに かく子どもの健康のために、といって北海道まで逃げてきた人もいます。3.11で、世界が変わった。日本の政府はひどいというのはわかっていたけれどここまでひどいとは。ここまでみんなが癒着し合い、私たちがだまされてきたのね、と思い知らされました。

安斎:普通のこと、今まで通りのことができなくなりましたね。仕事をする、とか、子育てをする。。。

泉:お掃除をする、とか。

安斎:家、ものすごい汚い!

泉:私はゴミ捨て、お弁当作りがもうできなくなりましたね。それどころじゃない。

J: 運動を続けるにあたって。

泉:もう24時間運動というかんじですね。ふつうに当たり前にしなくちゃ行けないことがすべてぶっ飛んでしまう。うちはたまたま夫が全部やってくれてますけど。

安斎:うちは本当にめちゃくちゃですよ。

J: 私も、部屋が汚くなりました。

安斎:でもこのあいだ 「こんな状態ですいません」という私に向かってパートナーが言っていたのですが、「ピカピカにして何事もなかったかのように綺麗にしている場所に放射能が 積もっている、というのとここがこれだけ汚い、ということの違いを想像してごらん。これはものすごい事態だよ。心配しなくていい。」と。こうやってパート ナーが理解してくれてはいますが、彼が今風邪で倒れているので(?)、大変です。

泉:今誰が子どもの面倒見ているの?

安斎:今はお母さんが仕事休んできてたり、妹が来てくれたり。

泉:やっぱり今みんな疲れているから、活動家の中にも具合の悪い人がどんどん出てきていますね。

J: 毎回デモを起こしたり交渉に出かけるたびに費やされるエネルギーはとてつもないものでしょう。

泉:そうですね。放射能のせいもあるかもしれないけれど。決定的だったのは、稲わらの事件があったでしょう、道東で家畜の食糧のために宮城県産の基準値を超した稲わらが使われていた。あれは大きかったですね。

安斎:だけど、異常だと 思うのは、ある一部の人間しか疲弊していかないことなのです。そうじゃなくて、もっと運動が拡散されるべき。今札幌周辺でフルタイムで活動している人とい うと10本の指にはいるぐらいしか居ないかもしれません。活動といっても、たとえば泉さんが色々声をかけてくれて文章を出し、それを印刷して拡散する、と いう内容のことですが、そういうことに、皆が力を出し合って皆に関心をもってもらえれば、こんなにある一部の人だけが倒れていくということにはならない。 やはり「私たちはこんなに大変だ」ということも言いたくはなります。でもそう言うだけではなくて、周りの皆と「この状況は危機である」という認識を共有す ることがまず大切ですね。私のパートナーも、まず私自身が疲弊する訳にはいかない、やめるわけにはいかない。続けるしかないんだ、と励ましてくれていま す。

J: 今続けてらっしゃる運動のこれからの見通しをお聞きしたいのですが。

泉:今私たちは、泊原発3号機の裁判を抱えています。今は経産大臣、要するに国相手の裁判ですが、今は北海道電力に対して訴訟を起こそうか、という話もあがっています。
それと、私は20mSvの 基準があそこまで長続きするとは思わなかったですね。5月5日のこどもの日に20ミリ撤回のためのデモを行った時、準備段階で、5日までには撤回されてい るだろうな、と予想していました。しかし驚いたことに、撤回はされずに長続きしてしまった。そういう経験をふまえて、もっともっと何かをしなくちゃ。もっ と目に見えることを、あっといわせることをやらなければいけない、と思っています。たとえば100人ぐらい、女だけが集まって経産省前で煮炊きをしながら 座りこみとする、とか、そういうことをやろう、という話を今しています。もう、直接行動しかないですね。それを世界に見てもらって、それに呼応する形で、 世界中で、たとえばワシントンDCで女達に日本大使館前の座りこみをやってもらう、とか。そういう一斉に何かをやる、という形をとらなければ。

J: まったく賛成です。

泉:男性には女装してもらってもいいですし(笑)。

J: いや、男がひとりふたりいても良いでしょう(笑)。まさに私たちはそういう行動をやりたいんです。ところで、ウォール街占拠のほうには行かれましたか?

泉:このあいだ、テレビ番組のインタビューに出たんですが、そこで私たちの前に控えていたのがThink Prgressの編集者の人で、そこで彼に、ニューヨークで始まったばかりの占拠の話を聞いたんです。その時点で、日本の反原発のグループ等にウォール街での行動の様子をすぐ流しました。そこでThink Progressには日本で起ったばかりの6万人デモを記録した航空写真を送りました。こ のような情報交換のなかで思ったのは、やはりこれは偶然の出来事ではなく、やはり今、これだけ力と金のあるものたちが一体となって、正直につつましく行き ている物たちの命と暮らしを奪ってきている、といった不公平が存在するのです。アメリカでも日本でもそれに対して立ち上がっている、ということだと思いま す。

J: 私たちもまさにその共通点を繋がりとして、海外からの連帯を表明していければ、と思います。

泉:やはり、革命がおきなければいけない、というぐらい大変なことが起っているのだと思います。革命がおきなければ、福島の人たちの苦しみは報われないでしょう。

安斎:そうですね。今、何かをしなきゃいけない、と思いを皆が共有しているということは、ひとつ確かなことだといえます。

PDF (日本語)




Post a comment