This is a Struggle of Discourses

okinawagoya
By
Tagged:
No Comments

Photo: Angry Goya on flickr via: Ten Thousand Things: May 7, 2011 Okinawa Bitter Gourd Protest: “U.S. government itself is a ‘master of manipulation and extortion’” (日本語の原文は下記に掲載ー合意してないプロジェクトより Original text in Japanese appears in Project Disagree)   The rapist remark made by Satoshi Tanaka, the Chief of Okinawa Defense Bureau, was taken up to be investigated [...]

We too, We will go to Valognes

tarnac
By
Tagged:
No Comments

Photo: VALOGNES STOP CASTOR Original text in French CLICK HERE (Scroll down for English translation) われわれもヴァローニュへ赴くだろう!1 タルナック反カスター委員会 2011年11月21日月曜日 http://www.soutien11novembre.org/spip.php?article569 より。 福島、あれから八ヶ月たった。原子力の惨劇の後、「通常への回帰」はありえない。世界は新しい状況にある。支配的メディアが、人々に甘んじて受け入れる以外ないと言いつのる新しい被災の地理学である。福島の暴発のスペクタクルは、地球全土にライブストリームで報道された。貪る様に見入る観衆に一刻一刻と送り届けられる無内容なハイライトは、今日この破局の結末に関して完全な沈黙を命ずる論理に従っている。日本はこれまでに44基の原子炉を運転中止し、稼働しているのは10基のみであることを、東京では、人々は原子力の恩恵よりも停電を好むことを、誰が知っているだろう?

Communiqué for the 99%

6223467163_a5e5483cff_z
By
Tagged:
No Comments

Photo: Mlle.Ada   (original text in English below) 99%へのコミュニケ ここ最近の金融界/政治界のエンドゲームが限界に達するのと同時に、われわれは北アフリカ、中近東の革命、そしてヨーロッパや南米の反乱を目撃してきた。その間、極東では「福島3.11」が生起し、地球上の全生命活動にとっての終末的段階を示してきている。また今や合衆国全土にわたり、ニューヨークやその他無数の都市において人々による占拠(オキュペーション)が進行している。われわれは大衆蜂起と終末的危機――つまり地球的内戦の時局にある。 こうした状況下で、10月15日地球的占拠行動(グローバル•オキュペーション)の呼びかけが、アフリカからヨーロッパへ、アメリカからアジアへ、駆け抜けている。われわれはこの趨勢と一体である。われわれはそれぞれの場所で異なった道を歩んでいるが、衝突するときは一緒だ。共に一斉に衝突することによって、われらの敵つまり「1%」は、その姿を一つの肢体として露わにするだろう。制服を身にまとい、統制しようとする全てのやからを露わにするだろう。 99%とは誰か?それはわれわれ、共通財(コモン)を、つまり環境や資源そして自らの労働と心と身体を奪われ、その代わりに共通の終りを、つまり負債と隷属と放射能を押しつけられた者たちである。そしてわれわれは、革命と死の瀬戸際にある。われわれは、名前も顔もなく、傷つき怒る地球である。だから、強奪者たちと強制者たちーーグローバル資本主義、国家権力、地球的警察機構ーーの不正に対して、最後の声を共鳴させ始めたのだ。われわれの現前が、あらゆる場所に亀裂を走らせるだろう。 われわれにとって、共通の行動様式とは占拠にある。われわれはすべてを占拠する。つまりわれわれは奪われた全てのコモンを再び奪取するのだ。自然資源から知から生産物から時空間にいたるまで、われわれは全てを占拠する。占拠という行為は、われわれ相互のコミュニケーションであり団結であり、二度と今までの日常に戻ることを要しない。 それはわれわれの反乱の総合体であり、抵抗の集合体である。 10月15日、全てを占拠しよう。地球上の何処にいようとも、われわれは多様に異なる奪われたコモンに囲まれている。われわれもまたその一部分なのだ。だからこそ、われわれは自ら占拠をすることから始めねばならない。 その時は、今だ! 2011年10月5日   ————————————— Communiqué for the 99% In recent past while financial and political endgames have reached their limits, we have witnessed revolutions in North Africa, the Middle East as well as European and South American uprisings. Meanwhile in the [...]

Statement for NYC General Assembly

By
No Comments

<jfissures.org> endorse and support NYC General Assembly, occupying Zuccotti Park in Wall Street area at the moment. This is a great attempt to establish a new form of social life and popular politics (anti-politics) and further spread the assembly to various neighborhoods. <jfissures.org>は、現在ウォールストリート近くのズコッティ公園を占拠しているNYC General Assemblyを評価し支援する。 これは新しい社会的生活と大衆的政治(反政治)の形式を確立し、それを様々な近隣地域に広げて行こうとする偉大な試みである。

To Foreign Comrades

egawa
By
Tagged:
No Comments

Photo: http://twitpic.com/4ls52c (日本語による原文下部に掲載) Hello to friends in overseas. This is Guru from Osaka. It’s been almost two months since 3/11. While many emotions have mingled at the time of moving forward, I can finally write a letter now. Thanks to Marina and others, their letters greatly empowered me. Right now, I am moving forward while [...]

In the Streets We Become Cattle — Towards a theory of demonstrations

img_0485
By
Tagged:
1 Comment

photo: http://radioactivists.org (日本語による原文下部に掲載) (Translation by Max Black) This is not a mobile freak show. Those cameras and cell phones you’re showing off: what are their cold eyes pointing at? What are they asking? Cross-transmission is what will perceive us. A chindon band begins to call out. The voiceless transmitters, who parade disguising themselves with sexuality [...]

Statement for June 11 — Todos Somos Japon

By
No Comments

(Original text in English below) 6/11のための声明——われわれみなが日本である [Todos Somos Japon]! シルビア•フェデリッチ 今日ここに、皆さんと共にいられないことがまことに残念です。わたしが自ら、日本の人々との連帯を表明し、地球上に遍在する全ての原子力発電所を封鎖する呼びかけを行うために。 われわれにとって、その結末が見えない福島の原子力災害は、誰も無視しえないことです。今現在そして今後も、無際限の歳月にわたり日本の大気と海域から放出され続けるセシウムとプルトニウムが、風と海流によってわれわれの元に届けられるのは時間の問題です。

A Direct Appeal

By
No Comments

Editor’s note: “A Direct Appeal” by Committee for De-Nuke Domestic Strike is now deleted from the J-fissures, due to the author’s wish to further develop the grounds for this argument. July 1, 2011 −−−−−−−−−−− 編集者より: 脱原発家庭内ストライキ委員会による「駆け込み訴え」は、この論拠についてさらに発展させる余地があるという作者の希望により、本サイトから削除いたします。 2011年7月1日

A Request from a Japanese Activist

By
1 Comment

A Japanese activist Shiro Yabu has sent us a request for foreign comrades: Now what we are in desperate need in Tokyo is concrete data of radioactive contamination. We will have to measure and publicize the radiation of the soil at every park and public spaces where children play. The emission of radiation is uneven [...]

Notes for Strike

By
No Comments

(日本語による原文下部に掲載) The Concept of family is gradually rising on the surface to backup recovery of the nation after the disaster. That is, for serving as a bearer of reproduction of the next generation. It is not only the nation-state that brings up the concept of family, especially the existence of mother. In Being A Lesbian [...]